テレビに映る人もただの人

ネットを見ていてこんな記事を見つけました。

元NHKのアナウンサーの木村太郎(80)さんが、次の総理大臣には蓮舫議員が相応しいと言ったらしいです。

理由は「2番目じゃダメなんですか?」という例の発言が良いのだとか・・・

テレビ番組のその場面を観ていないのでなんとも言えませんが、私にとってはとんでもない発言だという認識です。

蓮舫さんと言えば、二重国籍問題がありましたね。

他人を攻撃するときとは異なり、自分ははっきりさせないでうやむやになったという印象が強い。

それに、国籍を整理した証として示されたパスポートの写真は選挙ポスターのものだとかいう疑惑もあって、未だにはっきりしない部分があるみたいですね。(選挙ポスターの写真でパスポートが取れるのかどうか?)

さて、蓮舫さん本人のことはともかく、テレビを見ている多くの人の中には、木村さんがこういう発言をしたことに対して「そういうなんだ」って思ってしまう人がいるんじゃないかなと思います。

テレビで放映されたものは真実、そういうことを鵜呑みにするようになっていると、自分の頭で考えることができなくなりますね。

テレビに出ている人も所詮はひとりの人間に過ぎない。

あなたと同じ、ひとりの人間なのです。

テレビに写っている人の意見も、あなたの意見も、一つの意見としては同じ価値を持っている。

持っている情報量や能力はそれぞれ異なりますが、それが絶対的な正しさを生み出すものではない。

その人はそう思っている、それだけの意味においては平等なのです。

自分はどう感じるのか?どう思うのか?

常に自分に戻ってくる癖をつけることが大事だと思うのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)