戦争はもちろんダメ!だけど・・・

戦争は無駄な殺し合い。

憎みあっているわけでもないただの人達が、精神的な極限状態で殺しあう異常な世界。

刃物、銃、爆弾、核兵器、電磁砲、そしていずれはレーザー兵器と、戦争の道具もどんどん進化していく

でも、兵器が悪いわけじゃないことは世界の皆がわかっているはず

特攻は悲惨だった、空襲はかわいそうだった。

それも皆わかっている。

なぜ、戦争が起こるのか?

そこをしっかり考えてみたい。

戦争の悲惨さを語るのも大切なことだとは思うけれど、もう一つ手前のことを考えてみよう。

人間が暴力に訴える羽目になる思考パターンは意外にシンプルじゃないだろうか?

もし、そうだとしたら、作為的にそういう「ルート」を作ってしまうこともできそうな気がする。

残酷で悲惨な戦争がわかっていながら、どういう心理状態になったら、人は、国は戦争をするのか?

考えてみよう。

そして、今の自分や周りの人たちのことを振り返ってみよう。

大丈夫か?

小さな戦争を起こしていないか?

自分の周りの人たちは、平和に愛し合って生きているだろうか?

人間の数がもっと増えて、大きな集団同志がうまくやっていく方法はあるのだろうか?

ここを考える習慣がないと、本当の戦争反対にはならない気がする。

「戦争反対!○○死ね!」は絶対的におかしい。

でも、その人は自分が正しいと思っている。

さあ、この人は「本質的に」どんな人なのでしょう?

この人の中に、戦争の種は全く無いと言えるだろうか?

本当の平和な世界にたどり着くことはできるのだろうか?

皆がそれぞれに考えてみたらいいと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)