大道理番外編 イノシシ家族のフィギュアたち

今年(2017)2回も芝桜を観に行ってしまった山口県周南市の大道理地区

会場入り口入ってすぐのお宅の方が展示されていた木の皮で造られたイノシシ家族のフィギュアがかわいかったのでべっこにネタにしてみました。

1回目に訪れたときはこんな感じで配置されていました。

で、2回目にいくとこんな感じでバージョンアップというか、場の雰囲気が変わっていたのですね。

親イノシシがタケノコをくわえていて、ウリボウがおっぱいを飲んでいますね。

もう一頭のウリボウは、お母さんの顔の前でタケノコに興味シンシン、てな感じ

これ、入場時の形態なんですけど、帰り際にはこうなっていました

なんだか、本当に生きているみたいで、いいですよね。

まあ、実は今、中山間地域は野生の鳥獣被害に苦しんでいます。

特にイノシシなんかは、人間の身近な場所に出てきて作物を荒らすので、ある意味「憎っくき敵」だと思うんです。

でもこうやってかわいらしいフィギュアにして観光客の目を楽しませてくれるってのも、微妙であるがゆえに地域の皆さんの器の大きさなのかな~なんて思った次第。

被害の苦しみを知らない僕らは、「かわいいね~」ですんじゃうんですけどね・・・

ちなみにこれは売り物ではありませんでした。あくまでも観賞用だそうです。

売り出したら、意外と早く売れちゃうかもね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)