花粉症の不思議

約7年前に花粉症になりました。

現状は杉だけのようです。

最初の4年くらいが酷くて、でもマスクは嫌いなので、静電気で花粉を寄せ付けないという塗るマスクとか、今は同じような効果を発揮するスプレーを使っています。

で、以前に投稿したのですが、そういった「花粉をなんとか避けようとする」のではなく、「そもそも花粉に過剰反応しない身体を作る」ことを目指して、2ヶ月前くらいからカルピスのL-92乳酸菌を飲むようにしています。

花粉の季節が始まった!!(泣)

腸の中の最近を整えることで、アレルギー体質が改善するというものです。

「腸内フローラ」という言葉を聞くことも多いんじゃないでしょうか。

腸の中にはいろんな最近がいて、最近も「善玉」と「悪玉」の二つに分かれていて、「善玉」の割合が勝つと健康に、「悪玉」の割合が大きくなると、体調不良になるのだそうです。

ちなみにこの細菌。生活の中で食べ物などと一緒に取り込んで、共生関係になるということ。

だから、同じ食事を取る家族は同じような体質になってくるのだそうです。

そういえば、今年の中国地方の花粉の量は例年の1.5倍。

なのに、昔ほど酷いわけじゃないんですよね。

職場にいるときなんかはそんなに苦にならない。

さて、ここからが不思議。

何でか知らないけれど、自宅にいるときの方がキツイのです。

この季節は窓を開けることも無いのですが、なぜか家の中にいるほうがくしゃみも多いし、使うティッシュの量もハンパないです。

それで、玄関から外に出てしまうと、意外にも酷くないんですよ。

家の中ばかりにいると、自分のことばかりに集中してしまって、ある意味過敏になるのかもしれませんね。

 

ああ、これを書いていて、子供時代を思い出しましたね。

我が家は田舎だったので、学校が休みになっても一緒に遊ぶ仲間もいないし、行くところもない。

するってと、寒い季節なんかは、家の中にいるのがほとんどになります。

特に何もすること無いので家でごろごろしていると、頭が痛くなったり、ふらふらしたり・・・

なんだか、動かないと神経過敏になってしまう気がするのです。

外からの刺激があまりにも無いために、センサーが内側に内側に向いてしまうんでしょう。

で、普通ならば気がつかないような些細な変化にさえ、過剰に反応してしまってたんじゃないかなと思います。

 

さて、この花粉症、果たして今年はいつになったら楽になるのか・・・

困ったもんであります・・・

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)