「強さ」と「弱さ」~男とは~

男は強くなるようにと言われて育つ。

人前で涙を流してはいけないとか・・・

それは実は「悲しんではいけない」という禁止ではないのだけれど、決して人前で涙が流れないように、感じることをやめてしまう。

俺は男だから、これでいいのだ・・・と

でも、その状態は、実は大切なものを欠いた状態だと言っていい。

本当は悲しいのに、それを感じないふりをして強がっているっていうのは、まさに弱さ。

悲しみを受け入れる。

悔しさを受け入れる。

自分の弱さを受け入れる。

これをやってもしっかりと自分の足で立っていられることこそが、本当の強さなんだと思う。

 

これって、実は世の多くの男どもは知っていることなんだ。

 

大ヒット漫画の北斗の拳

登場する男たちは皆悲しみを背負って生きていた。

きっとこの漫画が今でも多くの男達に支持されているのは、悲しみを背負いながらも生きる男の「本当の強さ」に対する共感なんだと思う。

 

世の男達よ。それでいいのだ。

 

北斗の拳の登場人物たちのように、涙を流して悲しみを溢れさせてもいい。

 

それを受け入れたときに本当に強くなるという言葉を信じていい。

 

だから、自分が悲しいことは素直に「悲しい」と感じて、思い切り涙を流していい。

 

それは弱さではなく、強くなるためのプロセスなんだと思う。

 

ガンダムユニコーンの中にもこんな台詞がある。

「何があっても泣かないなんて奴を、俺は信用しない」

男である前に「人」なのだ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)