Doing(行動)だけではうまくいかないわけ

人は、成功するために、夢をかなえるため、強くなるため、欠点を補うため、などなど、意識のしかたはそれぞれだけど、現状を乗り越え成長するために、いろんなことを学んだり、チャレンジしたりする。

その思いが強ければ強いほど、一生懸命に取り組む。

だけど時として、頑張っているのに、努力しているのに、うまくいかないと感じることはないですか?

「どうせ自分はダメだから」で片付けること、ないですか?

 

頑張るのはザックリと言って「ダメだから」という前提があるからじゃないでしょうか?

これは「頑張る原動力」と言える。

でもその時、心の中には「頑張る」と「ダメ」が同時存在して強く繋がってしまう場合がある。

これは自分が意図的にそうさせるわけではなく、「気づかないうちにそう錯覚してしまう」と表現した方が適当かもしれない。

ある意味、無意識の自己暗示。

 

ダメだから → 頑張って今の自分の乗り越えたい

だけど、こうとも言える

頑張る → 頑張っているのは自分がダメだから

 

というふうに、逆に自己暗示を強めてしまう場合もあるようです。まさに心が錯覚している。

 

どれだけ素晴らしいアイディアが浮かんでも、スキルを習得しても、心の奥底に「自分はダメ」という前提があったとしたら、どうだろう?

無敵の剣を持っていても、「自分はこの剣を使えない」と思い込んでいる人はどうなりますか?

 

「行動(Doing)」はものすごくできるだろう。それをやる理由は厳然として存在する。

だって、「ダメ」なんだから。

 

例えば「強くなりたい」を言い換えると「今は弱い」という前提がある

どこかで「自分は強い」に切り替えないと、頑張れば頑張るほど「弱い」という自己イメージを強化してしまう。実際には強くなっているのに、自分は「弱い」のイメージは逆に大きくなってしまう。

 

切り替える瞬間はいつ来るのだろう?自己イメージが変化する瞬間は・・・

 

自分の行動(Doing)を支えている心のあり方(Being)を切り替えないと、せっかくのDoingが効果を発揮しづらいという皮肉な事態を発生させてしまう。

 

今、あなたのBeingには何が入っているだろう?

 

その上に築き上げたDoingは自分の願いをかなえてくれましたか?

 

Beingを切り替えるヒントを発見する「ビリーフリセット入門講座」を2018/4/14東京六本木にて開催します。

心の土台に組み込まれたビリーフを一緒に探してみませんか?

ビリーフリセット入門講座(2018/4/14)参加者募集しています!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)