エネルギーあふれる猫のイラストに北九州門司港で出会う

先日、北九州門司港で休日を楽しんでおりました。

門司港は、明治の文明開化の時代にできた港で、現在もレンガ造りの建物が保存されており、一帯を「門司港レトロ」と呼んで、そのノスタルジックな景色をゆったりと楽しむ観光客でにぎわっています。

こんなふうに、古いレンガ造りの建物と近代的なビルが共存しています。このビルは最上階が展望台ですね。

そして、門司港には日本最大級の歩行者用はね橋「ブルーウィングもじ」がありまして、定期的に橋が稼動して船が通行できるようになります。

なぜだかは知りませんが、恋人達の聖地になっているそうです。本当になんででしょうね?

ここから跳ね橋の向こう側に地ビールレストランがあって、早くそっちに行きたかったのですが、橋が元に戻るまでここで待っておりました。

他の観光客の皆さんも橋がゆっくりと変形する様を珍しそうに眺めたり、セルフィーを撮影したりしていました。

ちなみに、橋が変形する間、音楽が流れます。

さて、今日は食事の話ではなくて、食事のあとでお土産を買っていたときに見つけたとてもエネルギッシュな猫のイラストをご紹介したかったのです。

珍しく一目ぼれして買ってしまったのがこの猫のイラストの色紙

今からの人生をどう生きるか考えている私。

現状を抜け出して自分のやりたいことを貫くという目標を定めながらも、「果たして飯が食っていけるのか」という現実的な不安感との間で揺れ動いています。

そんなときにこの吹っ切れたような「力」をみなぎらせているイラストを見て、すごく力がわいてきました。

「やってみなけりゃ、わからない!」だから、

「やるっきゃない!」

 

「オー!!」

勇気をもらいました。

 

お店のディスプレイをよく見ますと、このイラストは地元のイラストレーターさんの描いたものらしく、店内には商品だけじゃなくていろんなイラストで飾られていて、どれも可愛くて楽しくなります。

イラストレーターは「MIKAさん」って言うのかな?

商品のコーナーにはこんなにたくさんの種類の手書きイラストがあって、福を招く猫のイラストや愛を伝えるイラストなど、本当にたくさんの種類がそろっています!

このイラストを一枚一枚見るだけでも楽しいですよ!特に猫好きはね♪

ぜひ、ご自分の目で選んでくださいね。

あなただけの1枚がきっとあるはずです。

門司港に行くときの楽しみがまた一つ増えたのでした!

 

門司港レトロについて詳しくはこちらをご覧ください

MOJIKO  RETRO INFORMATION

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)