他人を褒めることが苦手な体質

私は「褒める・褒められる」ということに対して、慣れていない。

もう40数年間生きてきているのにだ。

かつて仕事で知り合った人からいわれた事がある。

「褒められて育っていない人は、他人を褒めることが下手くそ」

まさに心にグサッとくる一言だった。

サラリーマンやっていて組織の中で生きていると、だんだん年を重ねるて目下の人間を育てる役割を担うようになる。

「褒めて伸びる子」というのがあるが、これが苦手な人間なのであまり好まれないようである。

逆に「褒められるからやる」というのは何か違う気がするのだが、褒められて気分の悪い人はいないようだ。

だけど、自分は違う

他人に褒められると「馬鹿にされている気がする」のだ。

「口ではいいことを言っているが、それ本心じゃないでしょ?」って思っちゃう損なタイプ。

コレも子供のころから自分の中で育ってきた「思い込み」に過ぎないんだろうけどね。

いまさらだけど、この思い込み(ビリーフ)もリセットしたいと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)