境港で妖怪たちと出会う 「ゲゲゲの鬼太郎」の仲間たちが沢山!

昨年末に出雲大社に参拝したことをご報告してしばらくぶりの投稿です。

今回のお参り旅行では、出雲大社だけではなくて、美保神社にも参拝しました。

美保神社がある美保関は、島根県の東の端っこ。

なので、電車で行くには鳥取県の米子から境港を通って行くことになります。

境港と言えば、漫画界の巨匠 水木しげる先生の生まれ故郷ということで、「水木しげるロード」など観光に力を入れているということくらいは知っていましたが、まさかここまでとは!と行った感じです。列車に乗っていただけなんですけどね。

まず、米子駅から境港線の電車に乗る時に、境港線のホームに向かいますと

実は米子駅は「ねずみ男」駅なのだそうです。

そして、さらにホームに向けて歩いていきますと、

なんと、境港線のホームは「ゼロ」番ホームなのだそうです。

なので、まあるい目玉おやじということですね。

はい、ホームに到着です。

ここにも、

一反もめんが空を飛び、ねずみ男と目玉おやじ。そして向こうには主人公の姿が

今回の思ったのですが、銅像って写真難しいですね!

幟旗に何か書いてあるのですが・・・

そこで、画像処理をしてみますと・・・

「妖怪の国へようこそ」だそうです。

鬼太郎の像の近くには、カラス天狗の像も・・・

さて、次はとうとう電車に乗ります

この電車もすごかったですよ!

それじゃ、また次の記事で

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)