呼吸で心を整える~全国47都道府県をめぐる呼吸法講座が山口市で開催されました!

平成28年11月6日(日)、山口県山口市の菜香亭で呼吸法のセミナーが開催されました。

講師は日本マイブレス協会の倉橋竜哉さん。

img_7689

マインドマップやアクティブブレイン記憶術でもご活躍のスーパー講師です。

会場に到着すると甚平のいでたちでおられたので、ちょっとびっくりしましたが、11月なのにとても天気のよい暖かい日になりましたので、ちょうどよかったみたいですね。

マイブレス協会の呼吸法は、すでに書籍にまとめられて販売されていますが、やはりこういうことは「習う」ことが重要ということで参加です。

仕事や人間関係でいろいろとストレスのたまる現代社会を生き抜くために、呼吸を整えることで「心までも整えることができる」らしいのです。

img_7887

セミナーの内容はというと・・・

まず、人間の生存活動は自分の意識に関係なく制御される「自立神経」が行っており、心臓の鼓動なんかは人が意識してコントロールはできないですよね。

ストレスを感じたりすると、胸がドキドキしたり、呼吸が浅くなったりするのは、心の状態を自律神経が察知して身体に反応を表現しているということなんですが、自分の意思でコントロールできない自律神経に唯一影響を与えることができるのが「呼吸」なのだそうです!

「確かに!」

心臓の鼓動を動かしたり、体温を自在に上げ下げしたりすることはできませんが、「呼吸」だけは、自分の意思で制御することもできますものね。

自立神経が勝手にやる「無意識モード」と、意識して調整できる「制御可能モード」のハイブリッドって感じですね。

 

さて、講師の倉橋さんが最初に実践したのが「数える呼吸」だそうです。

これは、簡単に言うと、自分の深呼吸をただ数えるだけ。3分間くらい。

ですが、この数える呼吸、「余計なことを考えずに、今に集中する」というためのもので、これは「心の筋トレ」なのだそうです。

「余計なことを考えずに」ということですが、やはりいろんな雑念がわいて来るそうです。

でも、「余計なことが浮かんでこないようにしなければ」ではなくて、「それはそれで横に置いておいて」というふうにかわすのがよいらしいです。

確かに「考えないように、考えないように」って思っていると、余計にいろんなことが浮かんできますものね。

この呼吸法で、「自制心」「集中力」「継続力」が身につくそうです。

どれも私には必要なものです・・・

 

実は他にも教わりましたけど、今日はもう書ききれないので、またの機会ということで・・・

確かに、呼吸法を実践することで、だんだんと心が安定してくるのがわかりました

1回当たりそれほど時間もかからないので、これは続けていけそうです。

ちなみに、この呼吸法セミナー、「ブレスプレゼント47」と銘打って現在全国に展開中だそうです。

現在のところ、色のついている地域で開催が決まった(または開催された)そうでして、実は各都道府県でキャプテン(お世話係)をしてくれる方を募集中とのことです。

img_7690

今回お世話をされた方に聴いたのですが、キャプテンの役割は会場を探すことと当日の受付などで、大変なことではないそうです。

呼吸法に興味がある方で、ご自分のお住まいのまちで倉橋さんから直々に教えてもらいたい方は手を挙げてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今回山口市の会場となったのは菜香亭。

img_7692

こういった古民家的な趣の場所がよいらしいですよ!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)