潜在意識にアプローチして、自分の根っこを変える

ここしばらくはメンタルのお話をアップしていませんでした。

それは、アダルトチルドレンのことだったり、鬱状態が解消されたからではなくて、いろんな本を読んだりして、前よりはダメージを少しかわしていたといった感じでした。(わかりにくくてすみません。)

もちろん、読むご縁があった本の内容にはとても助けられました。

でも、そのうちまた元に戻ってしまって、実践が続かないのです。

「知らないふりはできるかもしれないけど、これはもう克服できないんじゃないか?」って、思うようになっていました。

だから、カッコ悪くて、ブログに書けなかったんですね。

今までどおりの「三日坊主の自分」を認められないし許せない、けど、変わる努力もできない。

まさしく、ドツボという状況。

そんなとき、自己催眠なる講座があることを知りました。

自分の意識できない潜在意識にアプローチし、自分の根っこを変える方法を学ぶという。

このブログでも紹介した「ビリーフ」というやつは、まさに潜在意識の中にあるんじゃないか、と。

実は、お恥ずかしいですが、ブログで宣言した「ビリーフ解放」、全く進めることができませんでした。

気軽な感じで、「日々心が一番動いたことを記録する」これが自分にとっては苦しくて、1日のうちにあった嫌なことを、また反芻するのが本当に辛かったですね。

過去の記事「なぜ、あなたは変われないのか?」を読んで、自分のビリーフと向き合う

これは多分、自分が悪いんだと思いますけどね。一応、合わなかったということにしておきますが・・・

そう、そんなときに、潜在意識に自己催眠をかけるという東洋の手法を学ぶセミナーを見つけたわけです。

水口清一公式サイト

多分、自分にはこちらの方が合っているんじゃないか?

と確信しまして、直ぐに申し込んだわけです。

そして、つい先日、無事に受講することができました。

セミナーでは潜在意識のしくみと東洋のアプローチの仕方と西洋の考え方の違いを理解し、そして潜在意識に自己催眠をかけるための方法を数種類学び、実践しました。

最初は壮大なお話で驚くことしきりでした。

そして、実践法を学んでいくにつれ、「これはいけそうかも」という実感に変わっています。

全ては書ききれませんが、ポイントは、集中すること、呼吸を整えること、そしてよいイメージを潜在意識に染み込ませること、の3つが重要だそうです。

これを毎日繰り返すことで、一定のときがきたら、自分の根っこが変わってしまうのだそうです。

実際に呼吸法などを実践する中で、自分の中にあったネガティヴな思いが少なくなっていくのを感じることができました。

ただ、なんといっても驚いたのが、今まで読んできた本、自分が趣味でやっている武術などとリンクする部分がとても多かったことです。

「ああ、あれはこのためにやっているのか!」と、目的と関連性に気づいたり、仏教とも関係するそのルーツなども興味深かったですね。

なんだか、この数年、仕事も上手にこなせなくて、周りとの良い関係を築くこともできなくて、本当に悩んだ上でのことでしたから、本当に嬉しかったです。

日々の実践内容もそこまで負担にはならないと思ってますので、是非日々の実践を積み重ねていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)