幕末シリーズ 木戸孝允(桂小五郎)生誕地 山口県萩市 その3

桂小五郎生誕地に掲げられた掛け軸2つ目です。

image

これは小五郎が11歳の頃の書だそうです。

右側の下のほうに名前がありますが、養子に行った後ということで、苗字が和田から桂に変わっていますね。

こちらも朱書きで先生からの賞賛の言葉が・・・

「天晴見事見事(あっぱれ、みごと、みごと)」とほぼ最上級の評価なのだそうです。

11歳、マジか・・・

上手に字が書ける人は、バランスのとり方がよいのでしょうね。

それが「生き方のバランス」にも表れているのかな、と思った次第。

 

まだまだつづく!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)