幕末シリーズ 木戸孝允(桂小五郎)生誕地 山口県萩市 その2

山口県萩市の木戸孝允生(桂小五郎)誕地のお話の続きです。

さて、建物の中に入りますと・・・古民家です。

4畳半のお部屋が多かったですね。

しかし、ここで注目すべきは展示されている「書」ですね。

桂小五郎がやはり秀才だったという証拠でもあります。

まずはコレ

image

左下の方に名前が書いてありますが、「和田小五郎」彼が少年の頃の書ですね。

なんと、堂々とした書きっぷり!なんとこれは、小五郎が7歳か8歳の頃のものと言われています。

そして、右端の方に朱でコメントが書いてありますが、これは「以ての外よろしい」とありまして、上出来なものにしか与えれないきわめて高い評価なのだそうです。

城下で大評判になるほどのものなのだそうです。

確かに、コレは子供の字ではないですね・・・

今日も遅くなってしまったので、続きは今度、ということで・・・

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)