ポポーという幻のフルーツを食べたことがありますか?

「ポポー」というフルーツに生まれて初めて出会いました。

先日「ぶどうの宝石箱」についてアップしましたが、実は道の駅 ソレーネ周南では、もう一つのフルーツをゲットしていたのです。

これがその「ポポー」です。

image

実の大きさは片手のひらにおさまるくらい。

道の駅のHPによると、「バナナのようなパイナップルのような、南国な感じの味で食感はちょっと梨っぽいです。」とあります。

バナナみたいに皮が黒ずんできても、完熟のサインではなくて、香りが強くなってくるのが完熟のサインだそうです。

値段は4個で200円くらいと、そんなに高くありません。

早速、切って食べてみましょう。

image

真っ二つに切れたように見えますが、実はこのポポーは、中心部に大きな種があって、スパッと真っ二つにはできません。

両方から包丁を入れて、手で二つに分ける感じ。

桃のイメージでしょうか。

image

そして、食べるときはスプーンですくって食べるのです。

見てのとおり、ねっとりとした食感ですが、甘さを香りはとてもいい感じですよ。

僕のイメージではバニラアイスみたいな香り・・・かな?

ただ、種が大きいので、食べれる部分は少なかったかも。

このポポー、熟すのが早いため、スーパーなどに並ぶことはほとんどなく、幻のフルーツと言われるそうです。

道の駅のようなローカルな場所には出ているみたいですので、興味のある方は探してみてはいかがですか?

 

こちらもどうぞ(過去の投稿)

「ぶどうの宝石箱」見つけた!見た目もまさに宝石箱!3種のぶどうが激うま!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)